予約専用 Barks Outsider’s BLUE LINES TOTE 80’s

¥0

Categories: ,

 

Barks Outsider’s BLUE LINES TOTE 80’sの予約ページとなります。

※ご予約に関して
PRICE:28,600-(税込)
2024年8月1日より発売。

商品引き換えの際にお支払いをお願いしております。店頭、もしくはホームページよりご購入手続きが可能です。

 

※注意点

予約時の決済方法は銀行振込をお選びください。(設定の関係で送料のご請求表示がございますが、ご入金の必要はなくそのままで問題ございません。)

・サイズの変更や一度ご予約頂きました商品のキャンセルはお受けできませんのでご了承願います(商品の不備は除く)。
・商品入荷後にお電話、メールにてご連絡差し上げますので必ず連絡の取れるご連絡先をご記入ください。
・納期に関しては最善を尽くしておりますが遅れる場合もございますのでご了承願います。
・予約時にご注文完了のメールを送らせて頂いておりますのでドメイン解除をお願い致します。完了メールをお届けが出来ないとご予約として承れない為ご注意願います。

・予約期限は生産数量に達し次第終了です。

 

 

 

L.L.Bean好きならピクッと反応してしまうことでしょう。

80年代ごろまでに見られたキャンバス地にブルーラインの入った、あのビンテージトートを再現。

501などメジャーなアメリカンビンテージのレプリカはあれど、何故か生み出されなかったbeanのボート&トート

代表のM氏が実際にヴィンテージを集め、糸の解析からフォルム、縫製仕様を研究しできあがった渾身の逸品です。

まずは生地。

およそ24oz程度のキャンバスは老舗の織物屋に頼んで製作して頂きました。

このブルーのラインはボディのキャンバス生地に製織時に生地に縦糸として織られるもので、ハンドル付けやサイドを縫い合わせるガイドのラインとして入っています。現在は生産技術の進歩で使われていませんが、このラインが当時の雰囲気を醸し出す重要なポイント。手間ですが敢えてブルーラインを入れているのです。

ジーパンでいう赤耳的なところです。”ある”と”ない”とでは違うでしょう。

 

また、ハンドルの幅が狭いです。当時は肩掛けすることを考えておらず、手で持つことを想定し、ハンドルの間隔が狭く短いのが特徴。手で持った時の姿も昨今のトートとは違いますね。

生産方法にも特徴があります。

ボトムの切り替え部分にはしつけの縫製が入ります。白のステッチの下に同系色でミシンが入るのですが、白のステッチを縫う際にズレないようにする為。

量産時にミスが起こらないよう、1度同色の細い糸でステッチをかけちゃおう、というアメリカらしい発想なのです。

内側に付くブランドタグも分かる人には分かる。というディティールです。

織りネームの切り口がギザギザ。現在は生産効率的に真っ直ぐなのですが、当時はハサミ等で切っていたと思います。こんなところも再現。

芸が細かいです。

 

トートのハンドルを保護するのOLD CARRY HANDLEのブラウンがセットでの販売です。

イタリアンバケッタレザーを使用してインポート感のある雰囲気が特徴。
ベジタブルタンニン鞣しのバケッタレザーはオイル分がしっかりと染み込んでいる為、ツヤが出て色も濃くなってきて自分だけのエイジングに変化します。

スナップは珍しい本真鍮のメッキ。

真鍮はエイジングするので、レザー、キャンバス共に変化をお楽しみ頂けます。

外してヘルメットバッグなどその他の鞄に取り付けて楽しむも良しです。

 

ベーシックなトートだからこそ、細部の違いが大事かと思います。

アメカジ、アメトラスタイルにはバッチリお似合いになりますね。

男女問わず気に入って頂ける最高のトートバッグです。

 

SIZE SPEC

45cm×29cm

素材:Cotton 100%

生産国:日本